バラの香りについて

片桐青氷

5-3-9  セシル・ブルンネ(Mademoiselle Cécil Brünner)



1880年、フランスのドウシェ(Yve Ducher)作出によるこのバラは、小輪の八重咲きで房になり、花色は黄色の地に明るい桃色がかかります。


ティー・ローズのような素晴らしい香りがする為、淑女は家では宝石を付けず、胸にこの花をつけたと言われています。


おしべには花粉ができず、実もなりません。

イギリスではスィートハート・ローズ(Sweetheart Rose)、フランスではミニヨン(Mignon)の名で売られ、一時は欧米を風靡したほど有名なバラです。


(以上、本校「バラ園の案内」より引用)




セシルブルンネHP.jpg