バラの香りについて

片桐青氷

5-3-8 ミスター・リンカーン(Mr.Lincoln )



1964年、アメリカのスミス&ウィークス(Smith & Weeks)によって作出され、交配親はクライスラー・インペリアル(Chrysler Imperial)×チャールス・マレリン(Charles Mallerin)で、前年にフランスでA.メイアンによって作出されたパパ・メイアンの交配親と全く同じです。

二つを比べてみますと半丸弁高芯の花の形も、色も黒バラで、香りもほとんど同じように見えますが、微妙に違いがあります。

花色はMr.リンカーンの明るい赤に対して、パパ・メイアンは深い赤で、花弁が開くにつれてパパ・メイアンの縁の方の黒くなり度合が強くなっていきます。

また香りは同じダマスク・モダンの香りで共にトップにフルーティーな香りがありますが、Mr.リンカーンの方はグリーン・アップルのような爽やかな香りで、パパ・メイアンの方は甘さのあるミックスフルーツのような香りです。




ミスター・リンカーン.png