バラの香りについて

片桐青氷

5-3-6 デンティー・ベス(Dainty Bess)



スパイシーな香りの代表的な品種で、 1925年、イギリスのアーチャー(Archer)によって作出され、交配の種子親がオフェリア(Ophelia)で、花粉親がKitchener of Khartoumです。

オフェリアにはスパイシーな香りはありませんので、キッチナー・オブ・カーツーム(カーツームのキッチナー卿)というバラにスパイシーな香りがあるに違いないと思い、いろいろ調べてみましたが、具体的な香りの記述は見つかりませんでした。


花形は10数枚の花弁で、花芯がデンティー・ベスのようになっていて、スカーレットの赤いバラです。

バラには関係がありませんがキッチナー・オブ・カーツームの意味が解りましたので、付け加えさせていただきます。


1883年、スーダンのカーツーム(別名ハルツーム)で勃発した植民地戦争(回教徒反乱軍と大英帝国軍の戦い、チャールトン・ヘストン主演で映画化)で、大英帝国軍はカーツーム包囲で多くの犠牲者を出したものの、最終的に成功裏に終焉させた立役者がキッチナー元帥のようで、その後、第一次世界大戦の初期まで軍の中枢で活躍した軍人だそうで、優雅なバラの姿、形からは関連性が見つけられません。




デンティーベス2.png