バラの香りについて

片桐青氷

4-4 フルーティー



ダマスクの香りの上に、ピーチ、アプリコット、アップルのような果物系の香りのする華やかな香りが特徴です。

代表作はホワイト・クリスマスです。

ホワイト・クリスマスは1953年、アメリカのハワード&スミス作出のハイブリッド・ティーです。

また、フランス語でフルーティーという意味の名前のついたフリュイテ(Fruité)は、1985年、フランス、L.メイアン作出のフロリバンダです。

私が匂いだ時にほとんど香りが無かったので、どうしてこのような名前を付けたのか疑問でしたが、高橋先生はリンゴのような香りがしたと言われるので、今年の開花が待ち遠しいです。




ホワイト・クリスマス.pngホワイト・クリスマス (本校できれいに咲いている時に写真が撮れなかったので、我が家で撮影したものを掲載しました。)

フリュイテ.pngフリュイテ(2015年5月撮影)