バラの香りについて

片桐青氷

4-2 ダマスク・モダン



紀元前から18世紀までは数十種の原種のバラしか存在しなかったのが、現代のように、いろいろな交配を経て何千種のモダン・ローズまで増えたのはひとえにナポレオン妃ジョゼフィーヌの功績と言われています。

ダマスク・モダンの香りは、基本的にはダマスク・クラシックの香りですが、含まれている成分のバランスの変化によって、より力強い香りであったり、洗練された香りになっています。

このタイプの代表的な例はパパ・メイヤンです。 

パパ・メイヤンはフランスの育種家アントワーヌ・メイヤンの愛称で、1963年に作出されました。

このバラは1988年に世界連合バラ協会(World Federation of Rose Society)の殿堂入りを果たしています。




パパ・メイヤン.pngパパ・メイヤン (2016年12月撮影。最盛期の写真が撮れたら差し替えます)