バラの香りについて

片桐青氷

4-1 ダマスク・クラシック



オールドローズのロサ・ガリカやロサ・ダマセナの特徴を持ったバラの香りを指しますが、モダン・ローズの中で典型的なこのタイプの香りを持つバラは多くはありません。

その中で代表的なものに芳純があります。

芳純は資生堂が「現代バラの香りを香水で再現したい」というコンセプトで京成バラ園の鈴木省三氏に依頼し、5年をかけて約1000種の中から、グラナダ(Granada)とクローネンブルグ(Kronenburg)の交配によって1981年に作出されました。

芳純の香水は資生堂のばら園シリーズの香水として発売されましたが、残念ながら既に廃番となっていますので、幻の香水となってしまいました。




芳純.png芳純(2015年5月撮影)