バラの香りについて

片桐青氷

2 バラの天然香料について



我々が生活している中で、いろいろな製品にバラの香りを感じますが、バラの香りにも、バラの花から採取した天然香料、バラの香りのする物質を化学的に作った合成香料、天然香料と合成香料をミックスして作られた調合香料の3種類があります。

天然香料を採取するバラは、例外を除いて、オールドローズであるロサ・ケンティフォリア(Rosa centifolia)とロサ・ダマスケナ(Rosa damascena)の2種類です。


ロサ・ケンティフォリアのcentはフランス語で百、百枚の花びらを持つバラというような意味で、最高級の香料を採取するバラはローズ・ド・メ(Rose de mai)、「5月のバラ」で、主に南フランス、モロッコ、エジプトなどの地中海沿岸の国で多く栽培されています。

幸せなことに本校にこのローズ・ド・メがありますので是非、5月の開花している時に鑑賞してみてください。




ローズ・ド・メ.pngローズ・ド・メ(Rose de mai)2015年5月撮影


バラの香料は紀元前から作られており、この時代は牛脂又は豚脂に若干の温度をかけて油状となった所にバラの花びらを投入します。

数日間、浸した後に花びらを除去し、残った油にアルコールなどの有機溶媒を混ぜると2層に分離し、有機溶媒の層にバラの香料成分が抽出されます。

有機溶媒の層を分離して蒸発させると、バラの香料のみが残ります。

この方法をマセラシオン(Macération)ー温浸法といいます。


ルネッサンスの頃になるとアンフルラージュ(Enfleurage)ー冷浸法が考案されました。


常温で牛脂又は豚脂が柔らかいバターの様になっている所に、花びらを敷き詰め、数日経過させます。

香り成分を脂に吸着させた時点以降の香料を採りだすまでの工程はマセラシオンと同様にですが、こちらの方が工程中に熱がかからない分、良質の香料が採取できます。


現在ではこれらの方法では効率が悪いので、エーテル、ベンゼンなどの有機溶媒の中に直接バラの花を浸け、香り成分が溶け出した頃合いを見計らって花びらを除去し、有機溶媒を減圧の状態の中でできるだけ温度をかけずに有機溶媒を蒸発させて香料を取り出す方法が用いられています。

この方法で得られた香料をローズ・アブソリュート(Rose absolute)といいます。

ただ100kgのバラの花から2-30gくらいの香料しか採れませんので非常に高価となる為、高級香水のようなごく限られた製品にしか使うことができません。

実際にアンフルラージュ(Enfleurage)の掲載できる画像がありませんので、ご興味のある方は検索してみてください。

ブルガリアローズの畑.pngブルガリア国立バラ研究所HPに掲載されているブルガリアローズの畑

水蒸気蒸留装置.png旧式の水蒸気蒸留装置(スイスの香料会社にて1984年撮影)