秋の施肥 芽だし肥 

目的・時期‐
秋季剪定をした後(9月中旬頃)の新芽の生育を促すため。

‐方法‐
施肥の前にまず除草を行い、施肥する。
①1株あたり2掴みの普通化成肥料(8-8-8)を施肥する。
 8-8-8は窒素8%、リン酸8%、カリウム8%を含むことを示す。
②根の先端がある、株元から40〜50cm離れた位置に施肥する。
001.JPG002T.jpg
③土に軽くすき込む。

‐留意点‐
原種は育ち過ぎると困るので肥料はやらない。

(2015.9.28 の授業にて)